カナダ留学

カナダに荷物を送る![関税]とは?関税にかかわる[送り状の書き方の違い]

カナダ留学

カナダに留学中や住んでいる家族や友人に、日本から荷物を送る際に気になる事のひとつに【関税】があります。

送り状を作成していると【税関】という言葉も頻繁に出てきます。

結局、何をどうしたらいいのか…。

そんな【関税】に関することを簡単にまとめました。

【送り状の内容品名を書く際のワンポイント!】 についても書いています。

実際に利用した配送業者は郵便局‐国際郵便です。

荷物の【サイズ】【送料】【届くまでの日数】についてはこちらにまとめてあります⇩

【関税】【税関】2つの違いと意味!簡単にいうと何?

関税とは

海外から輸入したものにかかる税(輸入品には税が課せられます→課税)

税関とは

場所のこと(関税を取り扱う国税の部署の名前です)

税関と言う場所で、関税を取り立てています。

企業じゃなく、個人間で送ったものにも【関税】は関係してきます。

カナダに留学中,滞在中の家族や友人に送る荷物にかかる【関税】はいくらから?

家族や友人に送る荷物が商用ではなく個人利用だとするなら、贈り物かその他(贈り物以外)なのかによって課税対象となる金額は変わってきます。

商用ではない個人利用の場合の関税対象は?
  • 贈り物:60ドル以上から
  • その他(贈り物以外):20ドル以上から

送り状を作成する際に、届ける荷物は【贈り物】なのか【その他】のなのかを ☒チェックする項目があります。

その際、【贈り物】に ☒チェックを入れた場合は、荷物の合計金額が60ドル未満なら課税対象となりません。

【その他】に ☒チェックを入れた際は、荷物の合計金額が20ドル未満なら課税対象となりません。

(商用ではない個人利用)個人間での場合
  • 課税対象とならない場合:荷物を受け取る側は、お金を支払うことなくただ荷物のみ受け取ることができる
  • 課税対象となった場合:荷物を受け取る側は、課税された金額を支払い荷物を受け取る

課税対象となった場合,金額はいくらくらい?

国際郵便に問い合わせをしてみたのですが、正確な金額を知りたい場合はカナダの税関に問い合わせをする必要があるそうです。

送った物の金額が高くなればなるほど受け取りの際の課税は増えます。

しかし、その送った物の金額に対する何%かが課税されるわけなので、その送った物の金額よりも高く課税されることはないと言えます。

私は現時点で段ボール19箱カナダに送りました。

先ほど書きました【贈り物なら60ドル、その他なら20ドル以上】この金額以上のものを送った際には課税されました。

この金額以下のものには課税されていません。

カナダドルって日本円にするといくら?

日によって変動はありますが,1カナダドル86.71円(2021年9月17日)を日本円で考えると

  • 1000カナダドル:86,709円 (正確には86709.96円)
  • 100カナダドル:8,671円
  • 60カナダドル:5,202円(正確には5202.60円)
  • 20カナダドル:1,734円(正確には1734.20円)

60ドルや20ドル、少し荷物を送っただけで超えてしまう金額です。

送り状を作成する際には、荷物の内容や金額を書かなくてはいけません。

その書き方次第では同じ内容物でも60ドルを超えない書き方にできます。

【送り状の内容品名を書く際のワンポイント!】を紹介します。

【送り状の内容品名を書く際のワンポイント!】本来は【関税】がかからないものでも書き方ひとつで課税対象に!

送り状を作成する際、荷物の内容を英語またはフランス語で全て書く必要があります。

金額はカナダドル、日本円、どちらで書いても大丈夫です。

金額はカナダドルで書く?日本円で書く?

※日本円で書いてあるのにカナダの税関で、カナダドルで書いてあると思われるとすごい金額になってしまいます。

100円と書いたものが100ドルだと思われると、日本円にして100円のはずが8,671円 と言うことになってしまいます。

私は全て日本円で書きましたが、カナダドルに勘違いされることはありませんでした。

しかし、実際にあった話のようなので注意が必要です。

荷物を受け取る相手には、「もしあまりにも高額な課税や、課税されないはずの合計金額なのに課税されてるということがあった場合、日本円がカナダドルで計算されていないか確認してね。」と一応伝えておくのをおすすめします。

それでは気をつけたい書き方の例、【書く際のワンポイント!】についてです。

例えばトレーナーの場合は、Sweatshirtsと書きます。

この時の書き方の例を紹介します。

どんな書き方をする?
  1. Sweatshirts
  2. Used sweatshirts
  3. Sweatshirts Non commercial use

【Used】を一緒に書くと,古着もしくは新品ではないのが伝わります。

Used】をつけて書く

言いかえれば税関で価値のないものとして見られます。

Used sweatshirts】の場合、 金額は目安で書くことができます。

書くことができるといいますか、だいたいは目安でしか金額をつけれません。

Used sweatshirts】=価値のないもの、とみられることが多いので200円と書いてあっても疑問にも思われません。

実際50円も価値がないのでは…というような使いこんだ品物を、購入時の金額で書いてしまうともったいないので注意が必要です。

現時点の金額でいいのです。

書き方ひとつで課税対象となる 【贈り物なら60ドル、その他なら20ドル以上】 に影響します。

【Non commercial use 】を一緒に書くと,商用目的ではないことが伝わります。

【 Non commercial use 】 を一緒に書く

商用目的ではない=個人で使用するもの、個人のものだと伝わるので、商法目的では?と誤解される可能性も減ります。

(【贈り物なら60ドル、その他なら20ドル以上】 が課税対象と言うのは、商用目的ではないときの話なので、商用目的なのだと誤解されると課税対象のいくら以上と言う金額が変わってきます。)

Non commercial use とは、商用利用じゃないよと言う意味になります。

同じものをいくつも送るときなどに Non commercial use と追加して書いておくことをおすすめします。

私の場合は、ゼリーやパックのお米などが1つ2つではなく、5つとかだった時に念の為書いておきました。

  • ゼリー:Jellies Non commercial use 
  • パックのお米:Cooked rice packs Non commercial use 

送り状の都合上、改行したり半角以外のスペース入力ができない為、文章はおかしな時もありますが、無事に荷物は届いていました。

カナダに荷物を送る際の【関税】【送り状の内容品名を書く時のワンポイント!】についてのまとめ

まとめ
  • 税関と言う場所で、関税を取り立てている
  • 商用目的ではない荷物の場合、荷物の中身の合計金額が【贈り物なら60ドル、その他なら20ドル】 以上が課税対象
  • 【Used】や【Non commercial use】を念のため一緒に書く

初めてカナダに荷物を送る際などは、たくさんの疑問があります。

国際郵便のサイトには様々な疑問が解決できるように書かれています。

国際郵便で送る際には、国際郵便マイページサービスにログインし、送り状を作成することになるのですが、ログイン方法はこちらです⇩

  1. 【国際郵便サイト】と検索→トップ画面少し下、右側に【国際郵便マイページサービス 】書かれているところをクリック
  2. 【国際郵便マイページサービス 】と検索→ここからログインすることも可能です。

郵便局窓口では、国際郵便についての案内の用紙をもらうこともできます。

その際は一応、船便はまだ停止中なのか聞いてみるのもおすすめです。

急いでいない荷物でしたら、送料が安くひと箱にたくさん荷物が入れられる船便は魅力です。

英語表記に困った際は、無料翻訳アプリが便利です。

タイトルとURLをコピーしました